トップページ | 2005年1月 »

2004年12月30日 (木)

東京旅行

実は、試写会の次の日に東京へ旅立つ。

旅の目的は、ヤイコのドームLIVEと同級生との再開&最近の友人
とのこれも再開ってとこかな。

携帯で、実況更新するつもりがけっこう忙しく
できないで終わってしまったので・・・。
気を取り直し、今日より少しづつ振り返ってみたいと思います。

このブログをみている人がいるのかいないのか
なところですが
けっこう東京にいる人も足を運んだ事のないような場所も
紹介したいと思います。

のんびり時間のある人は是非行ってみて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

更新が遅れてしまった

前回の記事は、試写会場からの投稿でした。
携帯からの初投稿、テストのつもりでしてみました。
無事、成功したみたいです。

映画「北の零年」を観てきました。
何の情報もなく会場に向かった状態でした。
司会は、オノユウでしてTVで見るよりカワイイ!
おまけに舞台挨拶で監督と豊川悦司氏が来ていました。

映画の感想

地元に近い場所の話。過去にこんな歴史があるのを始めて知った。
開拓の歴史にはいろいろと辛い現実があったと思います。
しかし今は、それを学ぶ機会が極端に少ない気がする。
このような映画がそのきっかけになっていけばとっても
良い事だと思います。
ただ現実は、もっと悲惨だったように思う。
そのへんを過激に表現して欲しかった。
ただ北海道の女性の強さはそのの中に
受け継がれているのがよ~くわかって嬉しくもあり悲しくもあり(笑)
改めて、尊敬しました。

(追記)強いのと図々しいのは、違いますのであしからず!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2004年12月22日 (水)

試写会

これからHTB試写会で「北の零年」をみます!だんどり悪く、六階まで階段のぼらされ更に三階まで下がれとのこと(-_-メしょうがねーな。オッ! 後ろのオバチャンがキレてます。お前は少し歩いてヤセろと言いたい(笑)しかし映画みるのに、臭いのキツイ食いもの持参はどうかと思うぞ オッサン! 始まる前から色々楽しませてくれます(笑)タダで楽しい試写会なのでした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月21日 (火)

ある女優さんの

04.08.09 昆布川 019HP更新されています。
な・なんとその写真館に僕が写っているではありませんか!
(集合写真です)

おまけにオレが写したヘッポコ写真までorz・・・
ありがとうございます。
今年、最高の思い出釣行です!

前に書いた2回だけの釣り旅行は、この女優さんご夫妻と
一緒に楽しんだものなのです。

不思議なで僕のようなヘッポコフライマン
が沢山のその道では名の知れた方々に
仲良くして頂いてます。

テレビでのいんしょう以上にナチュラル
ほんわかな彼女なのです。
だんなさんもみための柔らかないんしょう
裏切る楽しい毒舌プリでナイスガイなのです。

また、来年も是非一緒に楽しい釣りを!

(追記)
こんなブログをみてくれる人はあまりいないと思いますが
フライフィッシングを趣味にしている有名な女優さんは
カンタンに発見できると思うので是非公式HPをのぞいて
みて下さい。とっても素敵な人ですよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月18日 (土)

銭湯

オレは、お風呂が大好きなのだ。

明治生まれのアッツイお風呂が
大好きだった ばーあちゃんの影響かな?

そんなわけでオンボロアパートのチッサイお風呂は入った事がなく
銭湯通いの毎日です。

車で旅行などへ行っても温泉はもちろん小さな町の銭湯を見つけて
はいるのがけっこうな楽しみだったりする。

でも最近、銭湯って少なくなってしまいましたね。
流行のスーパー銭湯みたいのはけっこうありますが
激込みだったりガキの無法地帯と化していたり
あんまり好きではありません。確かに綺麗でテレビ付き露天風呂や
サウナがあったりで良い所もありますが・・・。

そんな所は必ず刺青お断りとうたっていますが
どおいうわけか必ずお見かけするのはなぜでしょう?
オレは、刺青サンぜんぜんOKなんですがやっぱり
嫌な人が多いのかな?

よっぽどマナーを知らないバカ親の方が性質が悪い気がします。
基本的に家の中公共の場所の区別がついていない気がするのですが。

バカのように湯船でハシャグガキやいい年こいてシャワーを振り回し
まわりに迷惑がられている親父が本当に多いです!

湯船にタオルを漬けないなんて基本的なことがわからない若い人にも
驚いたりします。

オレが子供の頃は、それこそ刺青のオッサン
近所の爺に引っ叩かれながらいろいろ
教えてもらった物ですが、今はみんながみてみぬふり
そんな一人である自分自身にorzなわけですが。

こんな事を書くとウルサイ爺みたいですね(笑)
でも本当なんですよ。ちょっとした気遣いがあれば何の問題もないと
思うのですがそれができない人が増えている気がするんですね。
大丈夫か?日本人!と大げさに思ってみたりして。

どうしてこんな事を書いたかといいますと
いつも通っているスーパー銭湯の一周年イベントで
激込みしていてゆっくりできなかった
という個人的なたんなる愚痴
なのです。残念!

(追記)
見かけによらず若いチャラチャラなお兄ちゃんお父さん(どっちだ!)
が案外しっかり子供と清く正しく楽しく入浴しているのはとっても
嬉しくほほえましいのだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月13日 (月)

予想どおり

不合格_| ̄|○

まー
かなり怠けたので仕方がないのですが
来年また出直します(笑)

一緒に受験したみんなはどーだったのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月12日 (日)

裁判長!

 「ここは懲役4年でどうですか」
を読む。裁判傍聴の記録なんですが、離婚裁判からオウム裁判まで
興味本位?に時間をかけて裁判所へ通った記録です。

裁判を傍聴することで新聞やテレビからでは伝わってこない
ドラマがあるようです。

裁判所に出没するマニアな人達の話や
裁判所の前で抗議をする人など番外的な部分も
たいへん面白く読めました。

今度、傍聴デビューしてみようかな。

その他に、 「キリスト教暗黒の裏面史」 (ヘレン・エラーブ)
井沢元彦〔監修〕杉谷浩子〔訳〕徳間文庫
も良かったです。そのまんまキリスト教のダークサイドを
年代順に検証したもので興味深かったです。

もう一冊「松代大本営」の真実〔日垣隆〕
(講談社現代新書)も読みました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年12月10日 (金)

読みました

右にあげた読みましたですが

読んだ本をどんどんのっけていこうかと考えてます。

この論語ですが加地伸行(かぢ のぶゆき)氏が

>中学生に語りかける気持ちで書きたいとおもいます。

というようにわかりやすく「論語」の解説をしてくれます。

心を打つ言葉はもちろんですが
君子と小人の関係や孔子と弟子の関係なども図示されており
興味があっても「チョッと難しくて・・・」と思っている人は入門書として
読んでみるのも良いと思います。
文庫というのも手軽ですし自分も何度も読み返してみようかと思っています。

ブログのタイトルは、釣果報告ですが
今年はほとんど釣りをしていません。
とっても思い出深い釣行を2回ほどしましたが
おいおい書いてゆければ良いかな。

毎月、文庫を何冊か読むので感想など書いてみようかなとも考えています。
脳内削除が激しいので記録の意味も込めて更新できればなーと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2004年12月 9日 (木)

ココログ始めてみました。

来年へ向けて

始めてみます。

いつまでつづくか?わかりませんが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年1月 »