« あけおめ! | トップページ | 久しぶりに »

2005年1月 3日 (月)

12月24日

クリスマス

いい年こいて一人東京でうろつく、街はにぎわいである。
昨日のホテルを出て安い宿へ移動、荷物を預け上野へ向かう。
その昔、何にも知らない田舎モンが夢を抱いて出てきた街。
有名なバイク屋で、18年も前にほんの少しだけ勤めていた事がある。
保谷の寮では、全国から出てきた同期入社の仲間達と楽しい日々を過ごした。
鳥取出身の神田君いつも二人で物珍しい東京を探索したね!
今、どこで何をしているのかな?知っている人はご連絡を!
その他にも室蘭出身、福島出身、石垣出身と本当にいろんな個性がいたな~。なんて思い出にひたりながらその店の方へ。
おや?この「ファース・トキッチン」昔のまんまじゃんか!
チョッと嬉しい。バイク屋の方も変わらずありました。
何だか見た事のある顔も・・・。
まーあっちは覚えてなんかないだろうが。

そのまま上野公園へ動物園でもと思っていたのだが建築通の友人達より「美術館めぐりも良いのでは」とアドバイスをもらう。
それもよしと公園内へ入ると大兵馬俑展なるものをやっているので
早速、覗いてみる。スケールのデカさが桁違い!
なんと2200年前のものらしい。
大兵馬俑もそうだが金細工などの細かい装飾の精巧さに驚く。
当時の職人さんを尊敬せずにはいられない。素晴らしいの一言。
日本の時代では弥生だった事を考えると、当時の中国の文化がいかに進んでいたかがわかる。こんな時代もあったんだよ頑張れ中国。

次に西洋美術館
中庭でロダンの地獄の門考える人等が展示されている。
その土台は耐震構造が施されているようで、その仕組みなども美術館内では展示されているみたいです。無学なオレは、「カレーの市民」という作品をキリストの像だと思い眺めてました。中央がキリストで後ろでうなだれているのがユダかな?ぐらいに思ったのですが、英仏の100年戦争のエピソードをモチーフにしていると後から知る。恥ずかしいったらありゃしない(無知恐るべし)。中庭がきれいだという館内のカフェ「すいれん」にて一服。

次に訪れたのが国立科学博物館
イヤー驚いた!こんなおいしい場所があったとは!
オレにとっては、まさにおもちゃ箱。まず飽きない!
すべて観てまわるのにいったい何日かかるのだろう?
自分の中に少年が住んでいると感じるならば、是非一度行ってみるべきだと思う。説明不要!そこにあるものがすべてです。
何度でも訪れたいと思います。自分に子供がいれば、絶対
一緒に楽しみたい!そんな場所でした。
お父さん、お母さんTDLも楽しいですが東京に出たなら
是非行ってみて下さい。一日過ごせると思います。
しかもこれだけの物がみれて、小、中、高校生は70円ですよ!

24日はまだまだ終わらないのです。
続きは、明日にでも。


|

« あけおめ! | トップページ | 久しぶりに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68912/2453669

この記事へのトラックバック一覧です: 12月24日:

« あけおめ! | トップページ | 久しぶりに »