« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月24日 (木)

また雪かよ

今日からある資格の講習にでる。
昨日から緊張というか、いつも通り寝れなかったので本を読んでたら結局朝まで・・・。

帰ってきて、食事して、転寝。

風呂(銭湯)へ行こうと思い外に出たら・・・orz
また雪が降ってやがる(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月19日 (土)

追記

思い出したというか書こうと思って忘れてた。
LIVEの時の音量って結構でかい。そんな中で大声で歌っちゃう人いるんですよね。
LIVE だから悪くは無いんだけど、音がとれなくてすごい事になっちゃってる。(笑)
そんな人が隣にいた時は、ガッカリなわけです。

でもね、めずらしく今日、後ろの方から聞こえてきた歌声は素晴らしかったです。
どんな女性かは確認できませんでしたが、最初はスピーカーから反響した音がチョイ遅れぐらいで聞こえているのかと思ったほどでした。英語も完璧なようで得した気分。まるでハモッテいるようないい感じの歌声。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

LIVEだよ!

アヴリル・ラビーンLIVEにいってきました。
場所は、北海道総合体育センター(きたえーる)でした。

提供がキョードー札幌なんだけとイマイチ段取りが悪い!警備やモギリの人件費ケチってんじゃねーよ!って感じでした。きたえーるは、せっかく地下鉄と連絡してるのに、全然活用できてねーじゃん。外の入り口一箇所ってどういうこと?アリーナは下からスタンドは上からとか分ければいいじゃん。立ち見のアリーナは、人数かけて警備するにして、スタンドなんて席が決まってるし別口から入れてもたいした手間じゃないだろうに。案内も、放送がかかるわけでもねーしダメダメでした。クソ寒いのにみんな外に並ばされて、入ってからも不親切な案内でゴッタ返しでした。全席指定じゃなくて、それなりに大きな会場なんだからそれなりの人数ちゃんと使えって!東京ドーム並みにとは言わないからそれなりにってってこと。

さて、クダをまいた所で肝心のLIVEです。
オープニング・アクトでブッチ・ウォーカーっていうバンドが出てまいりました。知らなかったけどアヴリルに曲を書いたりしてるんですね。オレが聞いた感じはオーソドックスなロックでした。まー聞きやすいといいますか。でもギターがイマイチっぽかったです。最後の方でキーボードに移って、アヴリルのギターと交代したら明らかに音質が変わった気がします。もちろん良い感じにですよ。でも結構長かったな~。
3曲ぐらいで腹いっぱいでした。(笑)

そんでもって休憩?っていうかセッティングに20分ぐらいかかって間延びしましたね。

ようやくアヴリル登場です。やっとだよ!ここまで一時間待ったよ!
小さいよ、思っていた以上に小さくてカワイイ(笑)。音も数段良くなったぞ!アンプの違いかバンドの違いかは、あえて言いません。それにしてもなかなかアヴリル上手いですね声が良いですよバラード系はしっかり聞かせてくれました。欲を言えばもっと曲数を増やして欲しかったです。せっかくいい曲たくさんあるんだから・・・。
実質、アヴリル一時間チョッとじゃ少ないよね~。MCなしだからそこそこ歌ってはいますけどね。アンコールのドラムは、ある意味微笑ましくて良かったです。ドッタン!バッタン!って感じだけどカワイイから許す!本人も笑ってましたね。そんな感じもライヴならではって事です!。メークもケバイ感じじゃなくて、ナチュラルで本当に可愛らしかったです。いい曲が多いってことはLIVEの強みですね。

メーイッパイじゃないけど満足いたしやした。

PS ジム用に、Tシャツ買っちゃった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月17日 (木)

ミニシアター

「運命を分けたザイル」を観る。<ネタばれ注意!>

実話なんですね。ドキュメンタリーに近い感じ。地味な映画です。
でもね、やっぱり人の生き死にに関しては、深く面白いです。考えさせられる。
極限状態での究極の選択。正解か不正解かなんて、その瞬間は分からない。後から思って「あーだった」「こーだった」と言える。当事者が一番真剣に考え行動した結果があるだけ。

映画の状況でのオレの選択。
ザイルを切るサイモンの選択はできるかも知れない。
クレバスの底に向かうジョーの選択は、難しいと思う。

それにしても凄いの一言ですね。人は簡単に死なないと思える。究極の状態を生き残る力はどこからくるのか?
運命ってことは、あんまり信じないけどやっぱりあるのかな?

一方で、ニュースを見れば毎日、交通事故、殺人、理不尽に亡くなってしまう人もいる。

あっけなく散ってしまったり、どんな厳しい状況でも生き延びる人もいる。

人間は不思議

狸小路のシアターキノ。最近流行のシネコンでは上映しないような作品を提供している。とっても小さい劇場だけど頑張って欲しい。
そういえば、まだ韓国映画がそれほど注目されていなかった頃。
逸早く、 「シュリ」を公開したのもこの劇場


| | コメント (0) | トラックバック (1)

連続投稿

昨日、某入浴施設で火事(小火程度?)がありました。
オレは、その施設内にあるスポーツクラブでレッスン中でした。
階下で火が出たらしく緊急放送があり、その後、無事消火の放送。非難までにはいたりませんでした。

またまた、始めての経験。
緊急放送って、他の音を全部切断して行われるんですね。エアロビの音楽やエアコンまで全部落ちましたよ。
その後、復旧できなくてクラブ側は困ってました。応急のカセット用意したり窓を開けて換気したりしてました。

エアコンが効かなくて、最後のボクササイズは汗だく(笑)脂肪燃焼には、良かったかも・・・。

消防車が着いた頃には消火されていた。かなり後になってサイレンが響いたのは、チョイトうるさかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

違反者講習

15日、事故の後始末。違反者講習を受講してきました。
もちろん、初めての経験です。オレは、社会参加活動コースを選択しました。

午前中、某駅前スーパーにて交通安全のチラシと洗剤配りです。火曜日は、いつもこの活動をしているらしい。
ティッシュや洗剤目当てにやってくるご老人もチラホラ。交代で一時間ばかりやりました。かなりの数配ったと思います。休憩中には、寄ってきたおじいちゃんと話なんかしちゃって、結構和やかな雰囲気ですんなり終了しました。

午後からは、交通事故被害者のビデオや加害者側も悲惨な状況に追い込まれるビデオなどを見せられました。
最後に、反省文を書かされ終了。小心者のオレにとっては、結構凹む内容でした。改めて、運転には気を付けなくちゃいかんと思った。特に、自分以外の誰かを傷つける行為に関しては、「ウッカリ」とか「間違った」なんて言い訳できないと・・・。取り返しの付かない事なんだと思いました。またゴールド免許を目指します。

反省。orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月14日 (月)

テンプレート

春も近づいてきた事だし(札幌はゼンゼン近づいてない・・・)テンプレート変えて見ました。
とってもいい感じではないかと思ったりしてます。

どういうわけかオレの好きなヤイコほんじょもそうして真鍋かをりチャンカエル好きなようなので、チョッピリあやかってみました。何だか悪い事が続いたので、そろそろ脱出したいのです
オッサンにも「春よ来い!」と願っているのでございます。

続けて、映画の事など書きましたらこんなブログにもTBコメントをくださった方がいまして「ありがとうございます」
見識の低さに驚いているかと思いますが・・・「また良かったら覗いて下さいね」

明日は、チョッとしたイベントがありまして、その結果を報告いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月11日 (金)

メンズデイ

水曜日、札幌シネマフロンティアメンズデイ。メンズデイってあまり知られていないような気がする。最近のシネコンでは、割引の企画がたくさんあるので足を運ぶ前に、チェックしてみては如何でしょう。

「ボーン・スプレマシー」を観る。<ネタばれ注意!>


前作「ボーン・アイデンティティー」の続編です。
この手の映画は、大好き!今回も純粋に楽しめた。テンポ良く話が進んでいくし難しい話でもない。カーアクションもなかなか良い感じで、劇場で観てよかったと思える。
単なるドンパチでもなく[マット・デイモン=ジェイソン・ボーン]の葛藤も良く描けていると思う(だから違和感なく観れる)。オレ的には、お勧めです!

平日の映画館、メンズデイのお客さんはどのような人達か?
オレのウォッチによりますと、リタイヤしたおじさんが友人と連れ立って来た。
旅行中のカップル。普通の映画好きの人。学生さん。等がいました。

気になるところでは、年の離れたカップルというのが何組かいましたね。
どれもカッコいいおじ様に、若い女性っというパターンです。(羨ましい)
どこぞの某オデブさんは「金さえあれば女性も何も全て手に入る」と嘯いてますが・・・。
オレがみた感じでは、どのおじさん(おじ様?)もイケテましたよ。当然、お金持ちなのかも知れないが、それだけではない何かをお持ちの方々のようにみえました。
素敵な爺さんに、オレもなりたいです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年3月 7日 (月)

試写会

金曜日、久しぶりに当選した試写会「アビエイター」を観に行く。

<ネタバレ注意!>

正直、長いし盛り上がりに欠ける映画だった。特に前半は辛かった。
ハワード・ヒューズという人物に対して、客側にどれほど認識があるのか疑問です。
もちろん大富豪であるとか、ちょっと変わった性格の持ち主ぐらいのことはオレも知っている。それぐらいじゃこの映画には、感情をもって観れないのじゃないかな?

アメリカ人にとっては、超有名人で、好き嫌いはあっても結構楽しめるのかもしれない。実在の人物がキョーレツであれば、それを演じるのは難しいんじゃないのかな?
実際、デカプリオなんかにゃ無理!ってのが賞を取れなかった理由なのかもしれない。

そのてんでいえば、「レイ」ジェーミー・フォックスは、まさにはまり役!予告を観ただけでも凄いと思った。是非、観たいとも思っています。

因みに、オレにとってのハワード・ヒューズイメージは、映画「タッカー」でドデカイ格納庫の中ハリキューズを前に、一人、ディレクターズ・チェアーに座った姿です。ハッキリした記憶ではありません。面白い映画だと思うので観ていない人にはお勧め!

「アビエイター」での見所をあげるとすれば、美しい飛行機とエド・ガードナー役の美しいケイト・ペッキンセールかな。なんだかリブ・タイラーに似てると思った。綺麗だす

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年3月 6日 (日)

趣向をかえて

話題のライブドアの事。
頭の悪いオレにしたら株だの何だのようわからんのです。

ただ、多くの30才~40才ぐらいの層の人たちには、テレビっ子フジッ子だった人がいると思うんですよ。「ひょうきん族」に代表されるお笑い番組、お笑いビック3(たけし、タモリ、さんま)から、とんねるず、ウンナン、ダウンタウン、ナイナイにいたるまで、びにょーに変わりつつも愛着を持っている世代だと思う。

もちろん、「オールナイト・ニッポン」で、青春の眠れる夜を過ごした人は、少なくないはずです。

そんなところから解説してくれる人はいないのかな?これってどうでも良いことなのか?

オレは、ホリエモンがこの路線を引き継いでいけるか大いに疑問なのです。奴の本業は何?何かを作り出せる人間には見えないのはオレだけか?

世間では、上に書いた番組などテレビの恥だと思っているのだろうか?
少なくともオレにとっては、いろんな事を学んだつもりなんだが・・・。

ホリエモンのなんともいえない怪しさをオレの頭ではイマイチ表現できないでいたが
有名な切込隊長のブログを読んでまさにこれだ!と思い至った。

地下鉄サリン事件より10年ですか・・・。あの日、朝のニュースを見て友人AKに電話したのを覚えている。
偶然、寝坊して難を逃れた奴もまたフジッ子だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 4日 (金)

本屋さん

本屋が大好き
本屋に入るときは、ワクワクしてしまう。
大好きなコミックの新刊などを見つけてしまったときは、ニヤニヤしてしまう。
好きな作家の未読本も同じ。

知らなかったこと、興味が湧いてきたことがあったら本屋へいこう!
ネットの検索もいいけど、足を運んでいろいろな本を読もう

とっても大切な答えをみつけられるかも知れない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 3日 (木)

カルト

始めて身近に感じた。チョッと恐怖。
奴からメールがくる。もう凄まじい勢いでの説得メール。
「思いやりのあるあなただから」「人を幸せにする仕事」????
たんなる商売(金儲け)なのに???

そりゃ傍から観たらオリャ貧乏で、暇人でモテナイ、何の魅力もないオッサンですが何か?勝手に不幸な人間にしないでくれ!おまけに人に幸せを押し売りする仕事なんて真っ平ゴメンです。
そんなんで幸せになんて、なりたくもない

だいたい俺は、どちらかといえば悪魔に魂を売って人の不幸に快感を覚えるんじゃ!(ウソ)

って事で、この件は吹っ切れました。つーか、手に終えない。
まー、普通のメールのやりとりならなんら問題ないし。
さよおなら。なら、またそれでよしって事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年3月 2日 (水)

わらっちゃう

ほど、打たれ弱い俺。

仲間を一人失った。しかたがないと思っても納得できない。

昨日の出来事で、食欲もない。予定もグズグズになってしまった。

自分の事ならどんなことも悩みながら耐える自信がある

目の前で、道をそれていく友人に、手を差し出してあげる事もできない自分

あまりにも無力。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

その後

奴からは、連絡がない。チョッとあせってキツク言い過ぎたかも知れない。反省

それでも見捨てる事ができない。 人の手によってかかったMCを解除出来るのは、知識ではありませんでした。相手を思いやる優しさと、信じ抜く自分自身の「芯」です。「芯」は決して揺るがない。冷静に、そして熱く相手を想って下さい。

昨日から一睡もできずにマルチ関連のホームページを読み続ける。
そこにあった一文です。一年も戦ってやっとマインド・コントロールを解いた方の言葉。
これだけの想いも届かず終わる事の方が多いらしい。

重たすぎる。とっても悲しい胸が痛い

| | コメント (0) | トラックバック (1)

泣きたいよ

久しぶりにきたメールの正体は、マルチの招待だったorz・・・。
悲しすぎる。素直で、真面目な奴なんだよ!本当にいい奴なんだよ

今の段階では、それほど深くのめりこんではいないと思うがもう遅いのかな?
もうメールの一言一言が気持ち悪い表現。理想の人生!お話で世界が広がる!・・・。

無理だよ!

そりゃさ、派手に楽しくできればいいよ。お前らかってにやってろよ!でも真面目な人間を犠牲にするなよ!社会には、いろんな奴がいるんだよ。いい人も、悪い人もみんなバラバラだからオモロイんだよ!カルトは人のいうこと聞かなくなっちゃうじゃんか!

頭にきて、ぼろ糞に書きなぐったメールを三通も出してしまった。奴との仲もこれまでかもしれない。

ただ、悟りこっちへ帰ってくるのを信じて待ってあげる事しかできない。とっても情けない・・・。奴の心が壊れてしまはないうちに、戻ってきて欲しい。

本当の味方が誰なのか、思いが届く事を願う友人たちがいなくなる前に・・・。(涙)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年3月 1日 (火)

メール

今日、あまりメールなど寄こさない友人からメールが届く
そういえば、引きこもりがちで何だかみんなに、メールしてなかったな~と気付く

まだまだ春が遠い感じだが、もう三月なんだよね。
そんなわけで、いっせいに「お元気ですか?」メールをバラマイテみました。

忙しい人達だから、はたして何通返事がくるかな?
ご無沙汰しすぎて、忘れ去られていそう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »