« 台風 | トップページ | 情けない! »

2005年7月29日 (金)

久しぶりに映画

「姑獲鳥の夏」を観てきました。

邦画を映画館で観ることってあまりないのですが、京極作品ってことで押さえておこうかと思いました。ストーリーは、小説を読んでいましたので特にどうこうはありません。

気になるのは、思い切り癖のあるキャラ達についてです。個人的に良い配役だと思いました。違和感は「中尊寺敦子」役の田中麗奈以外は無かったです。田中麗奈が悪いとかいう訳ではなく、オイラのイメージと合わなかったというだけですのであしからず。

もう一人思い出しました!「木場修太郎」役の宮迫博之も、もう少し無骨なイメージがあったのでスマートすぎるかな・・・。

ストーリーにつながりのある今後の作品をこのままのキャラで、横溝作品(金田一シリーズ)のごとく続けていくのか楽しみであります。個人的に、内容は次からの方が面白く濃い展開だと思います。これ一本で京極作品を判断してほしくはありません。これがオイラの感想!

もう一本「宇宙戦争」の感想を・・・。

音響が凄い良いです。劇場で観る特権ですね。相変わらずダコタ・ファニングは素晴らしい!(どうも安達裕美とカブル)スピルバーグ的には、大コケか?オイラ的には嫌いじゃないけど・・・。

|

« 台風 | トップページ | 情けない! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに映画:

« 台風 | トップページ | 情けない! »