« SAW2 | トップページ | 初雪 »

2005年11月 7日 (月)

TAKESHI'S

<ネタバレ注意>

久しぶりの北野監督作品を観てきました。

最近、TV等でよく宣伝してますね。騙されてはイケませんよ!(笑)

この映画も北野武ファンじゃなければ、けっこう辛いと思いますが世間ではどおなんだろう?北野作品は、狂気と笑いが特徴ですが・・・。今回は、これでもかってぐらいの夢落ちの連続です。

いつも北野監督が言ってるように、痛いという意味ではイマイチだったと思います。銃を撃つにも痛いのが好きだったのですが、今回はただ意味もなくひたすら撃ちまくりで、なんだか途中飽きてしまいました。

それでも後半の弾光?が星座になるシーンあたりからラストまでの映像は、北野作品らしく好きです。最後に向かって締まっていった感じが良かったかな。驚いたのは、京野ことみが、脱いじゃってたこと。本当にこの作品でいいのか?なんだか北野芸術に騙されてないかい?(笑)役者さんは、いつものように渋い北野組が勢ぞろいです。

この映画を解ったように解説するのはオイラには無理です!「素晴らしい」と言う人がいたらあんまり信用しないほうが良いかも・・・。それでも北野映画が好きなオイラには、なんだか納得してしまう迫力が後半は確かにありました。

冬に向けてテンプレ変えてみました。

|

« SAW2 | トップページ | 初雪 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: TAKESHI'S:

« SAW2 | トップページ | 初雪 »