« ヘブン | トップページ | 「もっとマシな人間になりたい」 »

2006年11月14日 (火)

ボクシング

本物の面白いボクシングは何故こんなに話題にならないのか?

あのツマラナイ安っすいドラマや聞くに堪えない下手糞な歌なんかなくても心が燃えるのがボクシングの試合。

ウィラポンに辰吉が負ける映像からはじまった日テレの放送は
コマーシャルを入れても17分で試合開始。

知らない人も十分、長谷川選手の紹介は伝わったはず。

試合も良い試合だったと思います。

途中、バッティングのカットがなければもっと良かったけど
ガンガンくるガルシア選手を(頭突きが無ければ個人的には好きなタイプなんですが・・・)
テクニックで交わして良いパンチいれてましたね。

KOではないけど完勝だと思います。

それにしても相手選手の強引さには

「あれはガルシアのうまさ。それを殺せないのは実力不足」

そうして

「今のままでは次に負ける。また一からやり直したい。ぜんぜんダメだった。(観戦に来ていた家族に)かっこいいところ見せられずに残念。KOしたかった。練習してもっと強くなりたい」

とのコメント。

これがチャンプでしょう!そう思いませんか?

ミニマムのイーグル京和選手も勝ったようだし良かったです!

|

« ヘブン | トップページ | 「もっとマシな人間になりたい」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68912/12678828

この記事へのトラックバック一覧です: ボクシング:

« ヘブン | トップページ | 「もっとマシな人間になりたい」 »