« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

PRIDE

終わった!

<ネタバレ!>

青木選手すげー強かった。
川尻選手も頑張った。
メンデス選手強くて良い奴だ!
中村選手も最後まで頑張った。
五味選手の鬼っぷりにビビッタ。
ノゲイラ選手もジョシュも素晴らしかった。
ハント粘ったけど・・・ヒョードルはもっと鬼だった。

藤田の試合は愛嬌だ(笑)

それにしてもレフリーよ!相変わらず止めるの遅くないか?
危ないよ!!!

石田君の入場はメチャクチャかっこ良かったよ。

でも吉田選手と石田君のダメージが心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年12月30日 (土)

上野

まだ若かった頃このあたりで仕事をしていたことがある。

そんなに長い期間ではなかったけれどまさに青春していた時期で、非常に辛い挫折もありましたがとっても思い出深い時期でもありました。

あの頃出会った人達は今何処で何をしているのだろう?
その時勤めていた会社は、その頃のバブリーな感じとはうって変わってしまったけれど今も頑張っているようです。

そんな事もあって上野公園あたりを散歩するのが好きなオイラ。

今回も行ってきました。

去年はすごく寒かった記憶があるのですが、今年は暖かく銀杏の葉が通路にまだ散乱していてあたりは銀杏の実の匂いでクッサイ状態でした(笑)

大好きな国立科学博物館へ、ラッキーな事に
「ミイラと古代エジプト展」をやっていた。
http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2006/mummy/index.html

とりあえずチケットを購入。

そこから御徒町へ歩いて野暮用を〈DSやはりなし)

上野に舞い戻って上野の森美術館の
「ダリ回顧展」へ
http://www.dali2006.jp/

凄い混みようでした。入るのに30分待ちのはずが結局は50分ぐらいかかった。

中も渋滞でしたがジックリ2時間かけて周りました。

芸術にはあんまり詳しくないのですがダリの絵って凄いな~
なんなのでしょうこの強烈な世界観はって感じ。
展示作品も多くかなり見ごたえあります!
機会があればお勧めですよ。

その後にミイラを見たのですが、すっかり足が棒になってしまいました。 ←〈呪いか!)

本当は常設展示ももっと見たかったのですが疲れ果てて断念。
ちょっと心残りでした・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スケート

最後の方を見ました。
安藤さんの体が絞れていて少し見直したんですが、ジャンプを失敗した後のいかにも言い訳がましい態度(たとえ怪我であっても)に根っこはなかなか変えられないと自分の事も含めて思いました。

そこの部分を突き破ったらきっと違うのでしょうが、なかなかそんなに上手く行かないのが良いのかも知れない。

浅田真央さんの点数はちょっと大げさだとは思いますが、安藤さんと違って根っこの部分が素直に映るだけに良かったねって
思ってしまうのはオイラだけではないでしょう。

それにしても中野友加里さんの評価がもっとあって良いと思うのはオイラがド素人だから?

すごく良い選手だと思うのですがプロから見るとそうでもないの?

大人の事情か?(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月29日 (金)

塩谷哲プロデュース

『SALTISH NIGHT vol.X』

23日はこのLIVEに行ってました。
なんとも豪華な出演者達。塩谷氏の人柄が伺えますね。
手嶌 葵・松本健一郎(SOS)・佐藤竹善・そしてヤイコです。
スペシャルゲストに小曽根真氏まで登場しました。

この時期はいつもヤイコのLiveを観に行くのですが、今年は単独ではなかったのです。

出演者からじっくり音楽を聴けるLiveである事は予想できましたが3時間も堪能できるとは思いませんでした!

SALTこと塩谷氏が主催ですのでもちろんメインはピアノです。

ステージはグランドピアノ2台とツリーのみのシンプルなものでしたが、そこから奏でられた音や歌声はとっても素晴らしく
音の和は無限に広がっていくのでした。

個人的にはヤイコ目的だったし、新しいアルバムの中でも好きな曲だった「37℃」が聞けて嬉しかったのですが、それ以上に手嶌 葵ちゃんには驚かされました。

ゲド戦記の「テルーの詩」はTVやなんかで歌っているのを聞いた事がありましたが、それほど凄いとは思っていませんでした。

特にモンキーズの「Daydream Believer 」なんか最高にかっこ良かった。

あの一見オトナシそうな外見から歌いだしたとたんに発散される存在感はなんだろう?本当に羨ましい才能を持ったアーティストだと思いました。

SALT&小曽根真さんのピアノは当然素晴らしかったし(小曾根さん凄い)、竹善氏の歌のすごさは皆さんも知る所でしょう。

LOCKなLIVEももちろん大好きですが、たまにはじっくり聞き込めるこんなコンサートもすごくお勧め!ですよ。

☆このLIVEにはNHKのカメラが入ってました。BSで来年3月10日に放送されるそうなので興味のある方は是非。ホントお勧め!

時間が許すなら25日のアンジェラ・アキの武道館にも行きたかったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日 (月)

お仲間3人で小さな忘年会。

鍋を囲んでバーボンハウスで飲んで
最後はアイスバーで締めました。

他のお2人は最近それぞれ旅行帰りで
お土産まで貰っちゃいました!

スペイン&沖縄の話は楽しかった。
映画の話なんかもね。

年々道外へ進出組が増えてしまって3人になっちゃったけど
これからも宜しくね!

それにしても最後にこの3人の組み合わせが残るとは
誰も予想しなかっただろうな~。

不思議な出会いで本当から言えば部外者のオイラが皆に仲良くして貰えるのは本当に幸せな事です。

釣り仲間にしてもそうだけど、年齢も仕事も何のシガラミもない友人達とのお付き合いはオイラにとって本当に励みになります。

今週は東京でちょっと楽しんできます。

☆終電を過ぎた深夜にいつものようにテクテク歩いてススキノから桑園まで寒い中歩きました。夏だったらもう少し頑張ったのに!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

映画の日

っうてことで観てきました。 「トゥモロー・ワールド」
予告編に良い意味で裏切られた。
最近は騙される事が多いのでチョイト嬉しい。

<ネタバレ注意>

もっとSFチックなのかと勝手に思っていたらかなり現実味のある近未来の姿が描かれている。

はっきり言ってかなり暗いテーマですがオイラにはそれも好み。対照的にいぬ&ねこは何故かほんわかでホッとします。

ジュリアン・ムーアがあっけなく死んでビックリ。(ここのカーアクション?も素晴らしい)

とにかく映像が良いです。後半の手持ちカメラによるワンカットの戦闘シーンは圧巻。これだけでも見る価値アリかと思います。音響も良かった。

音楽もまたオイラ好みでとっても良い。

アルフォンソ・キュアロン監督とエマニエル・ルベッキ撮影監督は長編ではコンビのようですが、今後の作品は注目ですね!

劇場で観るに値する映画でした。(劇場じゃなくてはこの迫力は半減でしょう)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »