« 忘年会 | トップページ | 鍋 »

2006年12月 1日 (金)

映画の日

っうてことで観てきました。 「トゥモロー・ワールド」
予告編に良い意味で裏切られた。
最近は騙される事が多いのでチョイト嬉しい。

<ネタバレ注意>

もっとSFチックなのかと勝手に思っていたらかなり現実味のある近未来の姿が描かれている。

はっきり言ってかなり暗いテーマですがオイラにはそれも好み。対照的にいぬ&ねこは何故かほんわかでホッとします。

ジュリアン・ムーアがあっけなく死んでビックリ。(ここのカーアクション?も素晴らしい)

とにかく映像が良いです。後半の手持ちカメラによるワンカットの戦闘シーンは圧巻。これだけでも見る価値アリかと思います。音響も良かった。

音楽もまたオイラ好みでとっても良い。

アルフォンソ・キュアロン監督とエマニエル・ルベッキ撮影監督は長編ではコンビのようですが、今後の作品は注目ですね!

劇場で観るに値する映画でした。(劇場じゃなくてはこの迫力は半減でしょう)

|

« 忘年会 | トップページ | 鍋 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画の日:

« 忘年会 | トップページ | 鍋 »