« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月28日 (日)

ニコニコ動画

粉雪

おもしろい。

みんな、この詩すきなんだな~(*´ω`*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

□■パタゴニアスピーカーシリーズ2007□■

<ダム建設が予定されるサンル川は、ヤマべが湧き、大型の野生サクラマスが遡上するふるさと。事業者からダム建設の影響は小さいと報告されていますが…専門的な議論を呼び起こしたいと計画された、2006年9月ひと月に及んだサクラマスの産卵床調査と、サンル川やサクラマス(ヤマベ)を通しての気づき、健康な川の持つ魅力についてお話したいと思います。>

ということで 昨日は、講演会に参加してきました。

http://www.sanru-river.com/
サンル川を守る会

スピーカーの橋本さんは上記の会の代表でもあり、女性フライフッシャーでもあります。

釣りを通して魚(ヤマメ)と出会い、素晴らしい川と出会い、
その川が意味なく壊されないよう一歩前に踏み出して活動している素敵な方です。

本当は、大好きな自然の中でのんびり釣りを楽しんでいたいはずなのに、このような地道な市民活動をオイラのような一歩踏み出せない多くの傍観者を代表して活動されている姿に本当に頭が下がります。

オイラに出来る事はちっぽけですが陰ながら応援させていただきます。(陰ながらじゃあんまり意味はないかな?)

最近の全ての方面のニュースを見てもわかるように壊してしまってから後悔してもほとんどが後の祭りです。

多くの人にとって大切なものが壊される前に気付いていけたら・・・

今では危険とされている川遊びですが、自然を知り畏怖しながら付き合うことができればそこには経験という宝が待っています。

子供達が無邪気に遊べる(管理されたという意味じゃないです)山や川であって欲しいと思います。

☆サンル川を守る会のHPに訪れてみてください。
とくに、はた万次郎さんの漫画と「サンル川のサクラマス 2005」スライドショーはオススメです。

読んだ上で活動に賛成の方は是非、署名などお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

ディパーデッド

ディパーデッド

脇役が凄い。まあ主役も凄いんですが。

久々のマーティン・シーン渋いです。
アレック・ボールドウインやアンソニー・アンダーソンも良い味だしてます。

マット・デイモンは、「ボーン・アイデンティティー」に出てきたときは頼りない感じがしたけど
すっかりこういう役も板についてきました。

最後までダレずに緊張が持続します。

さて、ここから<ネタバレ注意>ですが・・・

予想ではもっと無難にエンディングするかと思いましたが中々のバットエンディングで納得の出来だと思います。

これは、オイラの勝手な推測というか願望なのですが・・・
マドリン(ベラ・ファーミガ)が身ごもったのは
コスティガン(レオナルド・デカプリオ)の子供であって・・・というオチです。それぐらいコスティガンに希望があっても許されるでしょう?

それならば女性の強さと言いますか、したたかさ
もコステロ(ジャック・ニコルソン)の妻も含めて良く描けているように思えます。

男は結局何も知らずに死んで行くというのは悲しいですが、なぜかそんな女性に惹かれるんですよね。だってマドリン(ベラ・ファーミガ)はかなりエロ(魅力的)かったですよ!

因みに『インファナル・アフェア』はまだ観てませんので。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年1月23日 (火)

女性遍歴

(*・ω・*)
意味深ですが・・・。

2ちゃんの「女性ボーカルおすすめミュージシャン」スレにハマってようつべ探ってたら色々みつけて楽しかった。

まずHeart、かっこ良いです。NancyのギターにAnnの迫力の歌声。でも最近のAnnの膨れっぷりにビックリ(笑)まるで別人。
h☆ttp://www.youtube.com/watch?v=hpkitLUbeEg
h☆ttp://www.youtube.com/watch?v=9mWGEALoaIg

Cyndi Lauper、札幌でLIVEを観られたのは幸せ。
5○才とは思えないくらいキュートでした。去年の映像ですがまったく年をとらない。
h☆ttp://www.youtube.com/watch?v=fQyNjN_yKY0

日本のガールズロックバンドの先駆け。SHOW-YAの寺田姐さん
今でもカッコよいです。
h☆ttp://www.youtube.com/watch?v=ecw3tCQ4jOM

今では、NHKのリポーター?みたいになってますが女性ロッカーだったんです!(若い衆はしらないかも)白井貴子
h☆ttp://www.youtube.com/watch?v=p6CnnBSgaOY
h☆ttp://www.youtube.com/watch?v=pV95Ql4A8wY

あとREBECCAのノッコ、これって学際かなんかだと思うけどメチャクチャ声が出てます。
h☆ttp://www.youtube.com/watch?v=BS_DvwuAxhs

PEARLの田村直美も上手いですね。
h☆ttp://www.youtube.com/watch?v=cJ2d5Zf5ScU

Avril Lavigneも札幌で観られたし。すごくチッコイのにパワフルでした。
h☆ttp://www.youtube.com/watch?v=P5qqFS4AG2Y

この人のLIVEに今年は行ってみたい。Angela Aki
h☆ttp://www.youtube.com/watch?v=ld8pOy861tk

ヤイコやカエラを最近聴いてますが、まだまだ沢山好きな女性ボーカルはいます。気が向いたらまた今度紹介しますね。

あー、なんだかLIVEに行きたくなってきた。
CDでジックリも良いけど上手い人のはやっぱり生で聴きたい。

是非、チェックしてみて下さい。自主規制でHの後に☆を入れてますので消してご覧下さい。どれもオススメ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

ないって!

http://newsflash.nifty.com/news/ts/ts__kyodo_20070121ts373.htm

自分の頭で考えずに何でも簡単に与えられる情報に飛びついて、その反省はどこかにおいてギャーギャー後は人のせいにしている。

仕掛けた方も踊らされる方も自分への反省はない。

これだけ情報が氾濫している世の中で、どうしてエセを見抜く努力をしないのだろう?自分の道はもっと真剣に考えよう。

勿論、間違った道へ行ったなら反省して引き返せばいい。
誰のせいでもない。自分自身の選んだ道。

全ての事を単純に済ませたいなさけない人達。

世の中は思ってる以上に複雑だけど規則的なルールがあるんだよ。インチキやズルをしったって思うようにはいかない。

自然の中に身を置けばそれこそ簡単に理解できる。

壊したものは中々復活しない。
森や川を壊せば100年の努力。

不摂生によって崩れた体は摂生や努力によってしか復活しないよ。

納豆食って復活しないだろ?普通に考えれば・・・。

オイラが体脂肪減らすのに頑張れるのもそう思うから。

身近の格闘家の普段の練習や努力を思えば随分楽してる。

あの努力なくしてあの肉体にはなれない!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月16日 (火)

ラッキーナンバー7

いくつもの罠が仕掛けられたスリリングなクライムサスペンス!

って事ですが、途中でけっこう展開が読めちゃいます。

それでもサクサクと小気味良く観られるし面白かったです。出演人も豪華、いつもクールな役どころの多いルーシー・リューが可愛らしい女性を演じていて好印象でした。

16ブロックのブルース・ウィリスを観て「年食ったなー」と感じましたがまたそれが良い味だしてます!

これほどたくさん人が死ぬのに痛みを感じない映画もたまには良いかも。

評価はチョイト甘めです。☆4つってとこでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月15日 (月)

いまさらですが・・・

http://sports.nifty.com/cs/headline/details/bt-ns-p-bt-tp0-070112-0001/1.htm

諦めにも似た気持ちで傍観していましたが、一応の結論が出たようですね。

大好きな格闘技やボクシングが一部の人間によってどんどん貶められていきますね。またTBSだし・・・。

こんなもんでかたが付いたと思わないほうがいいと思います。

オイラの中では秋山は永久追放だし、周りでこの神輿をかついだ奴らも覚えておきましょう。

多くの真面目な人間達のためにも絶対に許しません。

所詮、ちっぽけなファンとしてでも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

そんななか

そうそう昨日は石澤さん発見!(笑)

ちゃんと挨拶できませんでしたが、今年も怪我をしないようクラスA昇格へ頑張って下さい!

陰ながら応援しています!(・ω・)ゞ

11月の試合は気付かなかった(´・ω・`;)しかもメイン
すいませんノーチェックでした。

相手の顔が傷ついてるので殴ったとは思いますが残念でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バカ発見!

銭湯主義(なんだそれ!)なオイラ。

いろいろな人がいてイラっとしたり、和んだり様々ですが人間ウオッチングには最適な場所かも。

そんな中、お風呂上りに濡れた体を拭くよりも先に携帯を手に必死な人たちを最近見かけます。もう多分依存症のレベルなのでは?と携帯をしょっちゅう不携帯な時代遅れのオイラなどは心配になります。

そんな中さらに進化したバカとしか思えないオッサンを発見。
(実は2度目)

湯船の中まで持ってきて必死の形相でした。死んでも放さない覚悟か!

それがもう今時の若者なのではなく(若者ゴメン)アホズラのオッサンなだけに「とほほ」なのであります。

もしや盗撮か?(*・ω・*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

東京散歩

年末に行った東京最終日は新宿界隈をウロウロしてました。
あてもなく散歩。昔、お世話になった好きな街(*・ω・*)

最近、文春文庫の「新・マフィアの棲む街」
http://www.bunshun.co.jp/book_db/7/60/90/9784167609023.shtml

なんて読んでいたので、気分を出して裏のせかいへ(笑)

それにしてもホストクラブっていつからこんなに多くなったのだろう?
オイラが知らなかっただけなのかな。
やたらと修正写真の看板がイッパイあるよ。

その筋の人達が出勤前に集うという風○会館の「パ○ジェンヌ」とか
火事で何人も死んだコマ近くのビル痕なんかは雰囲気ありますな。
さすがに写真は撮らないけど・・・。

歩き過ぎて痛くなった足のケアーにマッサージに入る。
某チェーン店でそんなに期待していなかったけど場所柄か?
さすがにいろんな人を相手にするのか今まで行ったこのチェーン店の中では一番上手でした。

西新宿の高層ビルの裏手に取り残されたようにある古い屋敷に Pc250323
魅力を感じます。こんなところに住んでみたい。
多分、色々な利権がらみでどうしようもないのかな?

久しぶりのピカデリー1で映画を観る。
「父親達の硫黄島」

淡々と観て帰りに靖国神社に行こうと思う。

あんまりのった事がない地下鉄で九段下へ。
なんとかできたよ・・・(`・ω・´)

「今日も日本は平和です」「ありがとうございます」 Pc250326
閉門された扉の前で参拝して市谷駅までテクテク歩く。

北海道には多分ない「小諸そば」というチェーン店で夕飯。

ミニカツ丼セットで確か380円だったかな?安くて美味しかった(バカ舌か)。これなら北海道でも流行るかもしれない。

空港へ向かうモノレールから札幌の天気を伺うと・・・。 Pc250329

やっぱりホワイトクリスマスの大雪だった。

また帰って雪掻きだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

これがボクシング

ボクシングの色々な面白さが楽しめました。
【ボクシンググランプリ2007 日本vsメキシコ】
http://www.tv-tokyo.co.jp/sports/boxing/070103/

最後の試合、相手のミハレス選手は強かったですね。
川島選手は良いパンチをあてていましたがなんせ単発。
大振りが目立ちましたね。
効く効かないかは別にしてテクニック的に大きな差があったと思います。一発があっても手数が少ないのは致命的で、結局は後半に攻めに行かなければならずそれが玉砕につながるパターンでしたね。

あまりにも左フックの空振りが多いように思いました。
厳しいけれどあたらないパンチは強くてもね~。
8ラウンドか9ラウンドに見せた細かいパンチがもっと出せていれば展開は変わったと思いました。

中堅で出た大曲選手のパンチ力は凄い!

GyaOのヨネクラドリームでも見られます。

10回戦 日本ウェルター級タイトルマッチ
大曲 輝斉(ヨネクラ)vs 新井恵一(高崎)
超オススメの試合ですのでボクシング好きの方は是非。

TBSのちゃっちい試合なんかより絶対面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

あけおめ!

謹賀新年

皆さん今年もよろしゅう御頼み申します。
また遊んでやって下さい。

皆さん、元気で幸せに過ごせますように。

さて年明けそうそう銭湯へ・・・。
いきなりお金を落としたかも(つω・。`)
あえて金額は言わぬ。拾った人よ大事に使え!!!

さて心配していた吉田選手は一応大事にならなかったようで良かった。

録画していた「笑ってはいけない警察24時!!」と「すべらない話」を見直して笑い倒したよ。

死体の講習は笑いすぎて辛かったぞ。

年末、知り合いに赤さん〈女の子)誕生。
かさねておめでとう!ございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »