« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月26日 (月)

別れの季節

今日、とっても大好きな人とお別れでした。
まぁ一方的に大好きだったのですが・・・(笑)

何年も前に出会って、不慣れなオイラに優しく声をかけてくれた人でした。その時はまだ彼女もアルバイトだったのかな??まだ小さなクラスだったけど、一生懸命で、本当に親切で嬉しかったのを今でも覚えています。

その後、何年か会わなかったのですが、去年またある場所で再会しました。また教えて貰えるとは思ってもいなかったので、すっかり立派になって素晴らしいスキルを身につけ、成長した姿を見て本当に嬉しかったです。

ところが、新年度の移動などでまたお別れする事に・・・。
もう少し頑張って参加していたらとチョッと後悔しています。

今日が会える最後の日だったのですが、彼女はみんなに囲まれていました。相変わらず親切で、優しい人柄が信頼されているのだと思います。

あまり直接言葉をかけられなかったので御礼と今後の応援をメールで送ったらやっぱり素敵な返信をくれました。

この年になるとあんまり出会いはないのに別れは結構あって悲しいですが、大好きな人達が頑張っているのをいつも心の刺激にしたいと思います。

☆アンジェラ・アキの武道館LIVEのDVDが凄く良いです!!
去年の暮れに見たかったのに時間の都合で諦めたLIVEでした。
無理をしててでも行くべきだった!!とまた後悔。

これから旅立つ若い人達に是非見て欲しいメッセージ満載です。

どんな出会いでも気になったら何がなんでも行動する事をオススメします。たとえそれが傷になってもきっと強さの元になるから。たとえそれが音楽や本であっても・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

ヤイコLIVE

Zepp札幌へ行って来ました。

正直、言って始まるまで不安でした。
明らかに観客は少なかった。

メジャーからインディーズになった影響?
それとも今回のアルバムの出来のせい?(オイラが嫌いというわけではないです)時期的なもの(卒業シーズン)なのか?
去年ツアーがなかった影響?

オイラ的にはバンドメンバーの変更が一番ネックに思ってました。西川さんが抜けたのはショックでしたし・・・。

しかし!はじまってしまえばいつものLIVEと変わらず楽しく過ごせて本当に良かったです。

さすがといいますか、実力はやっぱり健在ですね。

ライヴハウスでしたが、ホールで聞く様なゆったりした構成でもあり。しっかりパワーもありの充実したLIVEでした。

勿論、若くてノリノリの人なんかは物足りなく感じるのかも知れません(押しつぶされる様なノリはないから・・・)

多分、動員では少ない方だった今回の札幌はある意味では最も一体感があって身近に楽しめるLIVEだったかも知れません。
MCの時に楽しそうにお客さんとのやりとりしているヤイコは、とってもリラックスしているように思いました。
アットホームな空気が流れていて素敵でしたよ。

途中、音響が不安定でヒヤヒヤな感じも少しありましたがそれも含めて新鮮に感じることが出来ました。
勿論、それをマイナスに感じる人がいても否定はしません。

不安に思っていた新メンバーのギター久保田光太郎氏は大泉洋似で親近感がもてたし、ドラムの小関純匡氏はパワフル!!
凄くいいリズムを感じる事ができて良かったです!!

今後、札幌は良い意味で穴場になる予感がします。

☆今回、恒例のアンケートがなかった様なきがしますが・・・
あれは、楽しみにしている人も多いのでは?復活を希望します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月10日 (土)

パフューム

パフューム

フェチって人それぞれでしょうが、この映画では究極の匂いフェチが描かれています。
あなたの変態度を測るには良い映画かも・・・。
<ネタバレ注意!!!>

変態の中の変態!妄想はどれだけ妄想しても犯罪にはなりませんが、ひとたび現実の世界へと昇華させられるととんでもない犯罪になってしまうことが多い。

どれだけ純粋な動機でも世間に認めれれる事は少ないでしょう。

この主人公グルヌイユは、香水によってそれをやってしまう。

映画的には、ナレーションに頼って話が進む所や グルヌイユに係わった人達があっけなく死んでゆく所がコメディーぽくて違和感がありました。

映像が良いだけにもっとドキュメントタッチに描いて欲しかった気がします。

人が狂う様は魅力的ですが(最後の方の狂乱は参加したいかも・・・)現実では勿論勘弁して欲しい。殺される方はたまらんです!!。

といっても主人公にとっても共感できるオイラは結構変態??かもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年3月 2日 (金)

車が!!

実は今回の旅でとんでもないハプニングがありました。

旭山へ向かう途中、立ち寄ったトイレタイムでkouさんから車のエンジン音の異常を指摘されました。

最近、少しウルサイナ?ぐらいに感じていたのですがあまり気にしていませんでした。車に乗っているとそれほど感じなっかたという事もあります。

ところが、気にするようになったせいか?旭山からの帰りには
随分、音がウルサクなったように感じはじめました。

途中、食事や買い物の時にも別な人からも
「ヤバいんじゃない」なんて言われるまで大きな音に。

さすがに、「適当」「何とかなるさ」主義のオイラでも少し不安になってきました。このまま自宅までたどりつくには夜中の走行になる事、間違いなしの状況です。

まあそこで頼れるのはいつものセーフハウスの迷人様宅。
ちょうど札幌までの中間点に位置している事もあって時々(頻繁?)お世話になっているのであります。

何とかそこでピットインをして、翌朝、ディーラーへ直行する事にしました。
まぁ「一安心」でしたが・・・・。

朝になって軽快に札幌へ向かっていたのですが、なんと突然に
「ガラガラ!!ガッシャン!!」の音とともにバッテリーランプ&オーバーヒートランプが点滅。ビビリましたが何とかそのまま走行して直線で見通しの良い路肩に止めました。P2190076

そんなに車のメカには詳しくないのですが、前日にKOUさんから指摘されていたプーリーが折れてしまった事を確認。
完全にベルト関係が脱落していたので自力での走行を諦めました。

2年連続で事故。今回はエンジン破損でなんと運の無い車なのでしょう。しかもこの車に乗ってから10年以上無違反だったのに捕まること数度・・・。なんて思ったりもしたのですが、
そこは開き直りと立ち直りの早いバカなオイラですから、いつも体だけは無事で守ってもらっているこの車に感謝と愛着を感じるのでした。

冷静なつもりでJAFを呼んだのですが、またまたKOUさんに連絡を入れるとそれでは場所が場所だけに(かなり田舎だった)料金が大変な事になりそうとの事。

持つべきは、頼もしい友人ですね。同じ手続きでも保険屋さんを通すだけで何と無料だったのです。(また一つ賢くなった)

その後は、順調にJAFのトラックでディーラーまで車共々運んでもらい、エンジンの故障という事でメーカー保証にて修理して貰えました。

まぁこのメーカーさんは、リコール隠しで問題の旧財閥系でして肩身の狭い思いもしますが、そこそこ親切にしてもらっております。今回の問題はチャント報告してね!!

結果、一番の問題はウォーターポンプの破損でした。

それに伴って、カバーやらベルトやらプーリーやらが落っこちたようです。(けっこうヤバいですよね)

そんなこんなでしたが、大きな事故や、ましては他人にも危害を加える事無く、無事でいられて良かったと思います。

また一つ滅多に起こらない経験値も上げられて良しとしましょう。  マダマダしばらくは、この車と一緒です。

今回、ナイスアドバイスをくれたKOUさん、快くピットインさせてくれた迷人様&辛口様、心配してくれた皆様。

ありがとうございました!!(*-ω-)ペコリ

☆因みに新しい携帯で充電が不十分。
ひととおり緊急連絡が終わった途端に電池が切れました。
このへんもチョッと強運だったかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »