« 車が!! | トップページ | ヤイコLIVE »

2007年3月10日 (土)

パフューム

パフューム

フェチって人それぞれでしょうが、この映画では究極の匂いフェチが描かれています。
あなたの変態度を測るには良い映画かも・・・。
<ネタバレ注意!!!>

変態の中の変態!妄想はどれだけ妄想しても犯罪にはなりませんが、ひとたび現実の世界へと昇華させられるととんでもない犯罪になってしまうことが多い。

どれだけ純粋な動機でも世間に認めれれる事は少ないでしょう。

この主人公グルヌイユは、香水によってそれをやってしまう。

映画的には、ナレーションに頼って話が進む所や グルヌイユに係わった人達があっけなく死んでゆく所がコメディーぽくて違和感がありました。

映像が良いだけにもっとドキュメントタッチに描いて欲しかった気がします。

人が狂う様は魅力的ですが(最後の方の狂乱は参加したいかも・・・)現実では勿論勘弁して欲しい。殺される方はたまらんです!!。

といっても主人公にとっても共感できるオイラは結構変態??かもしれない。

|

« 車が!! | トップページ | ヤイコLIVE »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パフューム:

» 『パフューム~ある人殺しの物語~』 [試写会帰りに]
前日の夜から映画を観る直前まで原作小説『香水―ある人殺しの物語』 を読んでいたので、映画『パフューム~ある人殺しの物語~』で使われるナレーションは勿論、セリフはほとんど原作文章のままというのがよくわかりました。 ただ映画を観る前には、グルヌイユがある香りに取..... [続きを読む]

受信: 2007年3月11日 (日) 00:28

« 車が!! | トップページ | ヤイコLIVE »