« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月18日 (水)

7月16日

KOTAROさんちの鳥小屋作りをお手伝い。
何と100羽を越える鳥達が新メンバー(笑)

KOTAROさんのお家、本業とは別に自給自足も可能な程のまさに
自然派なお宅なのです。

去年も手伝うと言いながら結局釣り優先あせあせ
「手伝う詐欺」にならないようにしっかり働いてきました。

何とか運動場(鳥の)まで完成!

移動させた鳥達はまだビックリで慣れていないですが、これからの成長が楽しみです。可愛いピヨコの時期はあっと言う間に過ぎますので記念写真。

帰り際、農家でイモの花?と菜の花?が綺麗でパシャリ。

昼間の運転もなかなか楽しい。501567464_152 501567464_21 501567464_1721

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月14・15日

14日・屈斜路湖遠征を終えてゆっくり滝上へ。
小屋に着くとお客さんが来ていた。
夕マズメは新しい会員さんご夫婦と、先週ルアーからフライへ悪魔にそそのかされたFさんと、迷人さんで出かけた。

オイラは後からゆっくりと釣る。
最初のポイントで予期せぬヤマメさん。
シンコちゃんではなく20cm弱の綺麗な姿に嬉しくなる。
(写真失敗で残念)
次のポイントではライズを前にみんな並んでの釣りを楽しむ。

次の日、何故かやめたハズの湖に立つ(笑)
風が強く苦戦。
午後からは川の若旦那さんと合流。
風裏でいつも魚のつくポイントへ向かう。これが正解。
サイトでのライズを狙う釣り。ムズイの一言!!
魚は賢く、枝の張り出す投げられない場所でしか捕食しない。
そんな中、流石の若旦那さん(川)53cmのニジを仕留める。
オイラはフライ&ティペットの弾がなくなり惨敗。
夕方のウ~様にて撃沈。
試行錯誤の釣り・思いどうりにならないのが楽しい。

☆真ん中の写真はオオミズアオ(蛾)湖岸に打ち上げられたいた。デカイ!!がまん顔501556550_891 501556550_711 501556550_1972

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月12日 (木)

釣り小屋の番人

いつもお世話になっている釣り小屋。

そこに訪れるネコが近くで子供を産んだ模様。

その可愛さにビックリ。

ネコ屋敷にならないように対策も必要だけど・・・。

この姿にはヤラレテしまうよ。495430007_2211 495430007_521 495430007_261

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トラウトダービー

渚滑川でのダービーに参加。
今年は千葉さんのガイド。もう一人はルアーの山ちゃん。

人気スポットで勝負。久振りにタイメンさんと一緒に釣りをした。始めて出合ったのもこの川だったな~。
何とか魚も釣れて上位入賞か??と思ったがそれ以上に皆さん釣れていたあせあせ
ガイドに徹してウ~様で終わったt千葉さんありがとう!

次の日は、川の清掃と
千葉さん指導のキャスティングスクール。
理屈は分かっても変な癖はなかなか抜けないふらふら
どうもオイラはスペイのほうがいくらかマシかも??
今後はこの道を行くべきか?(笑)
暗くなるまで皆さん真剣に竿を降り続けたのです。
それにしても悪魔の囁きでフライの道に足をとられてしまった約一名にご愁傷様あっかんべー

翌日は急遽子供達の野外学習のお手伝い。
水生昆虫の調査。
ワイワイ楽しそうで良かった。
性格の違いもあるのだろうが、女の子でも真剣だったり将来が楽しみ。虫を極端に嫌がる子がいなくて嬉しかった。
自分の昔を少し思い出した。
この子達にも良い思い出になってくれる事を祈る。 495416574_2231 495416574_1061_1 495416574_311

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屈斜路湖・爆発2

この日の出来事は、わけあって詳しくは書けない。

いつの日か公開する日が来ると思います。

その楽しさを写真で感じて下さい。

この日の魚達は本当に美しく、パワフルでした。

バッキングまで引き出した巨大とは言えない47のニジ君。

温泉の中でボイルしたアメ君。

忘れる事のできない出会いでした。494794610_1491 494794610_702 494794610_1221

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屈斜路湖・爆発

7月2日魚
屈斜路湖春の釣りの最後を素晴らしい釣りで締めくくった。
この湖の凄さを改めて感じ、通い続けることで
こんなご褒美をもらえる事を知る。
これは何処のフィールドにも言えることだと思う。

とにかく何日か続いた悪天候の後の快晴。
魚達も虫達も全ての生命が活発に動き出す瞬間。

セミが鳴き、カディスが乱舞し、最後にはモンカゲロウのスピナーフォール。

昼間、まるで川での釣りの様なサイトフィッシングを楽しみ。
夕方には湖一面のライズ。
ウグイが多いとかそんな事はどうでも良くなる。
とにかく楽しかった。

札幌のNさんと「凄い!!」を連発した。
帰りに事故に遭ってしまうかも??と思ったほど幸せな時間。

こんな事もあるんだね!

だからきっとやめられなくなるんだ!わーい(嬉しい顔)494777074_1021 494777074_1131 494777074_2011

| | コメント (0) | トラックバック (1)

6月29・30&7月1日

この日は恒例ともいえる屈斜路湖での釣り。
モンカゲのハッチを求めて沢山の釣り人が集結。

29日に先乗りしたHashiさんとオイラ。
Hashiさんは怪しいフライで爆釣ふらふらオイラは撃沈です。
雨と風に早めに宿へ。駅前で豚丼、お決まりのコース。

30日も北風に翻弄され湖をぐるぐる回る。
迷人さん・Sさんも到着する。
早朝から走りまわり魚も釣れず疲れが溜まる。
ウグイのライズにすら無視されてガックリ。
kotaroさん&長男も到着。
夜は弟子屈の居酒屋で地元のMさんも加えお酒。
釣り談義・お店のぬこ猫さんも相手に楽しいひと時。
釣れない日もこれがあるからやめられない(笑)
明日のリベンジを誓う。

7月1日。
皆の願いも虚しく相変わらずの北風強風。
次から次へと仲間が集結。川の若旦那さん到着。
札幌のNさんやその他始めましての人達も加わる。
大人数での釣り。ワイワイと釣れないのに何故か楽しい。
こんな日は、一人だったら絶対に挫けてしまうはず。
風裏を捜し求めて数台の車で大移動。
結局、湖を2週してしまった!!

昼食は団子ラーメンで体を温め。そこでも釣り談義。
天気が良ければと思うが自然相手なのでどうしようもない。

皆さん後ろ髪を引かれながらそれぞれ帰路についた。

そんな中、社会不適応者(世捨て人?)のオイラは急遽もう一日の延長を決めたあせあせなんとしても春の遠征、最後を飾りたい。

札幌のNさんも仕事絡みで一日追加。お仲間確保です(笑)

この選択が皆さんには申し訳ないほどの結果に繋がったのです!! 494025262_741 494025262_511 494025262_61

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渚滑川

今年の放流をお手伝いした。
今年は放流魚の移動状況等の調査のためタグを打った魚も何匹か放流された。

ひと月ほどたったので、皆で調査目的で釣りを楽しんだ。
6月24日の釣行。

この日は沢山の釣り人が渚滑川に訪れていた。
すれ違う時には挨拶や状況の情報交換。
皆さんマナーの良い人たちで安心。

この日、先行して沈めるフライにコダワリノあるSさん。
同じく先行したKOUさんは不発の結果。

隣でライズを狙う迷人さん。何故か出ずに撃沈。

デカイドライをつけたHashiさんとオイラのフライには好反応

横目に悔しむ迷人さんに大笑いさせてもらった。

湖でも川でも仲間との釣りは本当に楽しい。

この日釣れたヒレピンワイルド。

大きくはないがこんな魚達が沢山育ってくれる事を祈るばかり。

相変わらずゴミも落ちているので少しだけ回収。

皆のフィールドは皆で守ろう。494008626_1341 494008626_2181 494008626_2401

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年7月 5日 (木)

6月23日

湖の若旦那さんと早めの出動。
忙しい中、屈斜路湖のメンバーさん達には、いつもお付き合いしてもらい
感謝・感謝である。
この人達との楽しい時間があるからまた来ようと思える場所なのだ。

今日も風向きが今ひとつ。魚の反応も今ひとつ。
そのうちにMさん到着。久しぶりの再会。

先週まで事情によりあまり釣りができなかった模様。
彼の独自のフライやシステムは参考になることが多い。
いつも秘密兵器を密かに公開してくれるので安直なオイラは
マネッコモードに突入です。
でもキャスティングの上手さだけは真似できない(笑)

Yさんも到着。これで今年もほぼいつものメンバーと再会を果たす。

モンカゲの釣りがしたいが状況が悪い。

結局、またセミさまに頼り元気なアメマス君が釣れた。
49のグットコンディションの姿。
Mさんのカメラでも写真を撮ってもらう。

そんな中、突然不振人物が現れたあせあせ
なんとKOTAROさんが突然やって来たのだ。

みんなにナイショで出陣してきたらしい。
今年は本当に釣りモード全開だ!!

状況の悪い中、風裏を探してさ迷うがなかなか厳しかった。
wさんも合流。
途中、Mさんの鳴くセミフライに一同爆笑。
辛い状況でも仲間とのワイワイ・ガヤガヤの釣りは本当に楽しい。
イワナサイズのアメ君を何とかモンカゲで釣ったがチョッと寂しいな。

夕方に勝負をかけて場所を移動。
スピナーフォールで期待も膨らむがウ~様祭りで終わってしまった。

この日の勝ち組は、一人沖に立ちこみキャストを繰り返したMさん
右端のKOTAROUさん・左端の湖の若旦那さん。

負け組みは、途中で帰った(ある意味勝ちかな?)Yさん。

そうして、真ん中でウ~様祭り開催のwさんとオイラは一番の負け組み!!涙

帰りはコタンで温泉、美幌でラーメン。
ここでKOTAROUさんは眠気のために脱落休憩。

オイラは一足早くKOUさんの待つ滝上へ向かうのでした。487499992_2081487499992_641  487499992_902

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月22日

札幌から屈斜路湖まで約6時間の道のり。
今月は全ての週末に通うことを心に決めていた。

それでもこの道のりは結構ハード。

夕方に出発して2時間ほどの所にある迷人さん宅で休憩タイム。
いつもお泊りさせて貰ったりお世話になりっぱなしである。

辛口様にコーヒーをご馳走にになりPM11時頃に再出発。

朝、夜が明ける時間には湖に立てる。

何故か今月の週末は天気がイマイチ。
この日も雨模様。

モンカゲの期待も今ひとつ。

朝方にやっぱりセミでニジ&アメさんの顔を見られたもののその後が続かなかった。

天気は快復傾向でも風向きが悪い。
モンカゲを求めアチコチ歩き廻ったが残念な結果。

こういう日もある。
でも疲れも溜まる。

ヘトヘトで宿へ帰る。

湖の若旦那さんと明日の作戦。
遅めでもと弱気になっていたが、話し合っているうちに気合復活
2時半出動を決め温泉に入って爆睡。 487460000_2022 487460000_2052 487460000_1401 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月17日

本当は昨日移動予定だったが、昨日の夕方川の若旦那さんから
電話があった。
「これから向かう」と、それでは帰る訳には行かない(笑)
隣で釣りをしていた湖の若旦那さんに宿の手配をすぐに済ませる。
奥で釣っていたHashiさんも「残れ」と言ってくれる。

宿での作戦会議もそこそこに爆睡して朝を迎える。
本日はゆっくり目の出動。

今日、本州へ帰ってしまうTさんも今日はゆっくり目の出陣。

それぞれのポイントへと向かう。

相変わらずセミへのライズが凄い。

岸際で跳ねていた大物を川の若旦那さんが仕留めた。
51の綺麗なニジマス。
通いつめたご褒美のような魚。

今日のオイラは何故か釣れない。

それでも色々考えて移動しながらの釣りは楽しい。

昼にはいつもの蕎麦屋さん。ウエーダーを履いたまま外で食べられるのがとっても良い感じ。

Tさんとはその前にお別れ。秋の再会を誓う。
Hashiさんは満足のうちに早めの帰宅。
急用ができた川の若旦那さんとも夕まずめ前に分かれた。

今年お気に入りのポイントでマズメを待ったがライズは訪れなかった。

さっきまでの喧騒とは逆に静かに湖にたたずむ。

夕焼けを見ながら静かな湖にいるこの時間もまた心に沁みる。

帰りかけに頑張って羽化しようとするセミの姿。

なんだか儚い。487390407_2151 487390407_751 487390407_112

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »