« 8月18・19日 | トップページ | 鮭デビュー »

2007年9月 8日 (土)

8月26日

昨晩、沢山の新しい釣り人が小屋にお邪魔してくれた。
釣り人の話は、年齢や性別を超えていつも楽しく盛り上がっていく(当然、お酒も美味しくなる)。この日も最後の人が寝たのは多分3時過ぎだったと・・思います。
当然、朝は遅くなりそれぞれが川へ向かったのは昼に近かったように思う。
オイラは千葉県人さんと一足早く現場へ向かった若旦那さんの元へ、始めて入る上流のポイントは素晴らしい渓相で期待が膨らむ。途中の深い淵には大小の魚の姿も確認できた。
開拓も含んで釣り下がると一番先にいた若旦那さんが叫んだ!
「でた!!」視界の先には何とヒグマの姿が・・。
こちらに気付かない様子でゆっくり川を渡っている。
すかさず笛を吹きまくるとやっとこちらを確認したようで
対岸から様子を伺っていた。100メートルほど距離があったのでわりと冷静でいられたように思う。
因みに一番後方の千葉県人さんからは見えなかったようだ。
しばらく時間をおいて3人だった事もありさらに釣り進む事にする。熊の渡った側には林道の工事か重機の轟音がする。
なるベくそちらに注意しながら歩いていると夏ゼミが川原に落ちていた。
千葉県人さんがフライのサンプルにと写真を撮っている時に、
何気なく顔を上げると何とさっきの熊がこちらに向かって
物凄い勢いで走ってくる!!今度の距離は30メートル。
かなりビビッタが、先ほどこちらの存在に気付いていた熊は
こっちの様子を伺いながら再び林の中へ駆け抜けていった。
もうそれからは即座に退散である。何せこちはくまの渡った側なのだ!笛を鳴らしまくってとっとと逃げ帰ってきたのでした。因みに逃げ足の一番早かったのはオイラです(笑)
車からその姿を見た事があったが、生身での遭遇は危険です。
今でこそ笑い話ですが、皆さんシャレになりませんので是非
山へ入る時は注意してくださいね。
今回、胸のポケットのデジカメを構える暇もなく熊は走り過ぎました。こちらに向かってきた場合スプレーを構える事は出来なかったかもしれません。気配を感じたらホルダーや安全ピンは抜いておいた方が良いかもしれませんね。
写真はそいつの足跡です(推定)
その日、別の場所で釣ったアメマス君も見てやって下さい。 553848775_52 553848775_1731

|

« 8月18・19日 | トップページ | 鮭デビュー »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8月26日:

« 8月18・19日 | トップページ | 鮭デビュー »