« 屈斜路湖・秋の部・終了? | トップページ | 2008年 »

2008年10月28日 (火)

久しぶりに川!

先週の出来事。今回は長いです(笑)

湖・秋の部終了して、久しぶりに渚滑川へ。
ゲストに東京から阿仁多さんが来る予定。
一足早く小屋に到着。気温もすっかり秋模様。
迷人さんと阿仁多さんが到着するまでに、薪ストーブと外の五右衛門風呂の用意。
若旦那さんとKtaroさん一家も一緒に、お出迎え体制バッチリ(笑)
久しぶりにのんびりと小屋の夜を堪能しました。

次の日、いつもよりはゆっくりと川へ向かう。迷人&阿仁多さんとまずは、大滝橋。
橋の上から阿仁多さんが魚を見つけたのでいざ勝負!
おいらは邪魔しないように一人上流へ。
まったく魚っけナシ!!寒すぎるのかな??なんて思いながら諦めて皆のいる下流へ。
ところが、迷人はしっかり釣ったらしい(チビちゃんだったみたい)ライズもあったよう。
ところで阿仁多さんは?聞くと見つけた魚がバッチリ反応したらしいのだが惜しくもバラシ。
なんとも残念です。
ここで迷人さんは、カッチーさんご夫婦とおっかさんが来ると言うので迎えに。

おいらと阿仁多さんは大雄橋の下流を攻める事にして移動。
去年は、迷人と何度もここで良い思いしたな~。でも何故か今年はイマイチ?
まったく反応のないまま諦めて橋の側まで帰る。
ここの激戦区は誰もが攻めるのでおいらは素通りする事が多い。
というかいつも人がいて、やった事ありませんでした(笑)
この日は何故か誰もいなかったので注意深く見ていると岸際でなんとも渋いライズを見つけてしまったbleah
落ち葉が沢山流れる中での水面を揺らすだけの静かなライズ。
ここで何故かおいらのスイッチ入ってしまいました(笑)
ゲストの阿仁多さんをソッチノケ!普段は、セミ!とかカメ!とか繊細さの欠片もないおいら。最近は3x12fのリーダー直結以外は使ってません。
やはりその状態では当然無視!!釣れるはずありませんね。
ない頭と少ないアイテムの試行錯誤。冷たい流れの中で一時間半は粘りました(笑)
ヘタッピに流しドラッグがかかるとダメ。捕食のレーンも時々変わる。
回数も徐々に減る。あぁ思うようにいきません!
途中一回だけ反応があったのは18番のアント。
答えは定番でした。
普通の人は、すんなりでしょうが、おいらには久しぶりの川でエキサイトでした。
継ぎ足したティペットは長くなり最後は5x。その先にはおいらが持つ最も小さな18番のグリフィスナット。シトメタ時は我ながらご満悦でした!40を少し超えるその魚は綺麗で思い出の一尾となりました。阿仁多さんにも写真を撮ってもらいこの日は終了。
上流から迷人や合流したカッチーさん&おっかさんも上がってきて小屋で夜の部へ。

小屋では久しぶりの面々と、いつものように盛り上がる。普段は飲まないおいらもS夫妻がいつも用意してくれる(ありがとう!)ワインをクイクイ行って酔っ払いました(笑)

次の日、昨日とは打って変わって天気は晴れ。迷人&阿仁多さんにKOUさんを加えて4人で大滝下流へ入る。他の3人はさらに下流へ向かったが一人上流へ。なんとも大きなつかみ所のないプール。勿論、ライズなし。それでもやはり気になるポイントはあるもので、ちょいと倒木の刺さったあたりの岸際へお得意の(屈斜路湖使用)カメムシ投下。なんの前振りもなしに上流から下流へ追うようにガボッと出ました。居たんだね~(笑)越年したと思われる47でした。体は綺麗でしたがルアーで釣られたのか口に少し傷がありました。リリースのおかげでしっかり生きてます!

その下にも気配ありでしたが、後の楽しみに・・・。そのまま橋の付近まで一気に歩きます。昨日、阿仁多さんが逃がしたあたりにライズ発見。さらに何匹かやる気のあるライズを繰り返しています。幸い誰もいません。迷人に電話して皆が来るのを待つ。たいした時間ではなかったが、なんとも苦痛でした(笑)目の前のライズに手が出せない・・・。よっぽど裏切ってしまおうか?と何度も思いましたhappy01

皆が到着したところで場所を交代してまた下流へ。先ほど目をつけたポイントでお魚発見。ボサ奥の浅瀬に隠れるようにいました。カメムシに何度も反応して追いますがすぐにボサへ引き返します。ウ~シブトイ!!。ボサにフライを引っ掛けたが逃げる気配はない。ティペットもクシャクシャに・・・。グットタイミングでKOUさんが下がってきた。付いてるフライも小さめで良さげ。すぐに交代。何投目かで出ました!good浅瀬なのでお魚丸見え!とっても綺麗なピンシャンさんでした・・・がネットイン手前でポロリ。残念です。

その後、某止水に期待を込めて移動したのですが、なんと強風・Sさんと合流するも風には勝てず。Sさんは大物をバラシ、おいらは30位を何とか釣って終了。キャスティング少し上達したかな?夕方には小屋に集まった面々もそれぞれ帰路に。おいらとKOUさん阿仁多さんが残ります。夜は屈斜路湖惨敗の若旦那さんも帰って来て反省会(笑)

最終日、昨日のリベンジとばかりに大滝下流へ。ライズは無かったが、昨日のボサ下が気になる。阿仁多さんを案内して流してもらうと何投目かに反応しました(笑)ここは任た!ッて事でKOUさんと上流へ。風で落ち葉が舞って何かとっても秋らしい。粘る阿仁多さんをゆっくりと待つ。ふと眺めると阿仁多さんが少しだけ投げるポイントを変えた。おや?っと思った瞬間ロットが曲がった。ヨッシャ!!今度こそはと駆け寄ろうとした時、無常にもラインの張りは失われていた。三回目にも女神は微笑まなかった。悔しそうに立ち尽くす阿仁多さんに「何で?」と聞くと「フライが外れたようだ」と答えたが良く見るとフックが折れていた。不可抗力とはいえこれは悔しすぎ・・・。バレルにしてももっとやり取りを堪能して欲しかった。魚との一対一のこの瞬間は、誰も立ち入ることの出来ない貴重な経験。何度も痛い目にあって始めて次のステップへいけるとおいらは信じている。

その後、橋の下で見えている大物に馬鹿にされ、大雄に移動したが直ぐに帰りの時間になった。お昼ごはんを買って小屋に向かったが、若旦那さんが美味しいシジミの味噌汁を差し入れしてくれた。阿仁多さんを空港まで見送り、そのままKOUさんと温泉へ。おいらは迷人宅で顔を出してくれたFさんも加えお疲れの一杯。札幌へ帰るKOUさんを見送りいつものようにお泊りさせてもらった(笑)まだまだ釣りする気満々でしたが、どうやらこれで納竿になるかも?少し事情が変わってしまいましたcoldsweats02

今年は、湖も川も去年ほど足を運べなかったけどその分とっても印象深い釣りが出来ました!屈斜路湖のお仲間&渚滑川のお仲間、共に本当にお世話になりました!

いつも楽しくお付き合いしてくれて「ありがとう!」おいらは幸せ者です。

Pa180021_2 Pa190028_2 Pa200038 Pa200034 Pa200037

|

« 屈斜路湖・秋の部・終了? | トップページ | 2008年 »

コメント

ケータイでみっけ(笑)今晩は。今年はちびあめさんと屈斜路湖のメンバーのおかげで内容の濃い充実したシーズンになりました。有難う御座いました。Tさん凄かったですね~。んで時々見にくるのでマメに更新して下さいね。ちびあめさんにオフシーズンはない!(笑)それではまた来年。

投稿: 千葉県人 | 2008年10月29日 (水) 21:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/68912/42914445

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりに川!:

« 屈斜路湖・秋の部・終了? | トップページ | 2008年 »